DUGA

SM

流行りの言葉を使うなら『重い女』、しかも亜希子にはそれにM女という要素が覆さっている。男、快楽への欲求が強く、結果、常にマイナスの選択をしてしまう。「今日は浣腸はNGにしてください」とアキ子は言った。それでも私は浣腸器を取り出した。そして亜希子はそれを拒否できなかった。頭では拒んでも、体がそれを受け入れてしまう。全身に塗糞され、口腔までいっぱいに糞便を入れられて、全身を震わせながら『もう許して』と哀願した亜希子。これは亜希子の究極のマイナス選択だったのか、それとも至福の時だったのだろうか。けっして画質が良いとは言えないが、亜希子という稀代のM女のこの記録を、私は眠らせておくわけにはいかない。

SM

【千葉の日記より】茜はある人の紹介で耽美会にやってきた。そしてその日に人間噴水を経験した。数日後、紹介者から連絡があった。「千葉さん、いったい彼女に何をやらせたのですか。彼女が、早くもう一度千葉さんに会わせろと言うんですよ。そして、もっと大勢の人の前で千葉さんに責められたいと…」数日後、パーティー仕様の撮影で茜は男達の目の前でハード鼻責め、人間噴水を演じた。単なる人間噴水ではない。茜はその朝はトイレにも行かず、大量の糞便にまみれてみせた。そうでなければ彼女の中のM女は満たされないのだ。これはその時の記録である。そして、このように糞便にまみれた茜が、私の目には一番美しい。「どんなプレイが好きなのですか」「自分が思い切り惨めに穢されるのが好きです。鼻責めとか、まんぐり浣腸とか…」あるインタビューで、山科茜の口から出た言葉である。

SM

内田美紀・頼子・遠藤薫による、人間噴水・バックスタイル・M字開脚、3人のM女の汚水噴出。耽美会では珍しい「スカトロジー」に傾倒した浣腸調教や、鼻責め蝋燭調教で耐えきれなかった仕置きとしての浣腸調教、2カメラアングルの強制噴出浣腸調教など、エネマ調教の狂宴!頼子のスカトロジー調教、美紀のシリンダー&シリンジ浣腸、薫のM字開脚強制浣腸、噴出する汚水、えげつない浣腸調教実録。

SM

両親を幼くして亡くした沙耶は、長年にわたり養母から「連れ子いじめ」を受けていたが、怨恨の臨界点を突破したある日、遂に養母を殺めてしまう…弱みに付け込む危険人物達によって婚約者まで巻き込んでいく。「寝取られ浣腸」最愛の彼女が目の前で穢されていく屈辱の極み。鬼女いつきによる、ガチどつき系いじめ。肛門性交、地獄突き腹パンチ&ビンタ。ゴムパッチン責めに腫れる全身。梯子拘束、強制逆立ち異様拘束!

SM

「貴女の悲鳴は、加虐の手を加速させるね。ある意味、アナタは鼻責めされるべき女子なんだよね。」何故縛られるか。何故責められるか。SM未体験の美希の、リアルな戸惑いと類まれな感受性によって完成された顔面崩壊+乳首責め+開脚バイブ連動責め図!肉感的・ドキュメンタリー鼻責め調教実録をご堪能下さい。

SM

縄映えする淫猥で男好きするカラダ、そしてSM処女。尻穴処女。手加減など出来るはずもなく、穴という穴を嬲り犯す。ナースには淫虐な責めが良く似合う。顔責め器具「鼻コンパス」は鼻孔を横に押し広げる責め具。縦引き鼻フックとの連動で美しい顔が無残に崩壊する。更に乳首クリップ連動責めでリカの理性は吹き飛ぶ。特に膣穴・アナルに特化した緊縛責めは羞恥と恍惚が入り交り、リカのM性が露出される。快楽を貪る貪欲な愛液が滴る膣穴と、未開発のアナルを責め立てると悲鳴に似た喘ぎ声を漏らし、リカは絶頂を迎える。アナルにシリンダー浣腸器を挿入し、大量の浣腸液を注入。戸惑い、鈍痛に耐えながらも限界を迎えたその瞬間には、大量の汚水が噴出され、床一面を汚してゆく…。

SM

乱打と共に響く絶叫、弧を描き噴出される汚水、二つ穴を犯され啜り哭く縛女。二つ穴を嬲り犯し、屈辱と苦痛の限りを尽くす。悶絶する姿を尻目に、蛙腹になるまで浣腸液を注入し強制排泄まで。「穴哭」レーベルのスタンダードにして情感的、背徳のSM調教実録。悲鳴が響くと同時に二つ穴を嬲る欲情が湧き上がる。器具により丸晒になったアナルを嬲られ、まんぐり開脚縛りで二穴バイブ責め…悶絶の珠里鼻責め・轡縄、そして乳首を抓り上げ潰される乳首潰し…珠里絶叫。大量の浣腸液を蛙腹になるまで、シリンダー浣腸器により注入。我慢の限界を超え、汚水は弧を描き金盥に噴出される。

SM

「怖い、いやだ、何するの!」恐怖と屈辱で頭が混乱し、思考が停止したM熟女、あづさ。オウム返しのように譫言を繰り返し、苦痛に表情をゆがめてゆく。熟女女優「後藤あづさ」を穴哭マゾ牝へ調教する。冷たい金属製のヴァギナクスコ・アナルクスコを使用し、あづさの穴という穴を拡張してゆく。「痛いィィィィィっもうやめてッ!」その悲鳴に少なからず気分を害した責め師とカメラマンはあづさの訴えを無視し、そのまま二穴バイブへと突入していく…。ヌラヌラと白濁した愛液が滴り、マゾ牝の本性が露わになってゆく。

SM

せんせぇ、もっと私と遊んでほしぃの。(わたしは、誰かに構ってもらいたい。それがたとえ恥ずかしくて辛い事でも。)乳首責め+クリトリス責め+膣穴責め+尻穴責め=変態M女理性の破壊。M女にとって、SM調教とはハードな中毒性をもたらす事を証明する。それならば、お前が自我を無くすまで責め構ってやろう。生まれつきのパイパンM女「ゆう」の膣穴・尻穴をバイブやバルーン拡張器で犯し、肉体変形を課す。膣穴、尻穴と順番にバイブを突き立て更に痛みと快楽の「乳首責め+クリトリス責め連動責め」で理性を破壊アヘ顔になるまで責め立てる。可愛らしい尻穴から汚物を噴出させる強制浣腸調教では、予測を裏切るほどの放物線を描き、浣腸液と共に汚水・汚物を爆出させる姿を収録。収録内容はスパンキング・乳首クリトリス責め・二穴バイブ・尻穴拡張責め・強制噴出浣腸

SM

【恐怖心を隠せない初心な実桜を縛り上げ、顔面を崩壊させてゆく鼻責め調教実録】顔面破壊による調教と、大量強制浣腸による調教。実桜には、分銅挟み吊りによる極痛調教をプラスし極限の精神状態まで追い込む。呆然自失となったM女は、見飽きる事はない。舌にクリップを挟みさらに極重の分銅を付けたクリップを乳首、陰核に挟み吊りにする。重力が加わる事で痛みは倍増、中々立ち上がる事を拒む実桜を、乱暴にけしかけ、情けない恰好で分銅を揺らすと、乳首陰核が千切れそうな恐怖と、激しい苦痛の大絶叫が響く。バックスタイルでの浣腸調教では大量の浣腸液を注入し、汚物汚水を噴出させる。メスブタと書かれた尻が哀れに震える姿は必見。